微生物定量分析試薬キット FISH-kit

BioVisible社(旧Ribo Technologies社)より開発された、腸内細菌を主体とした幅広い分野の細菌検出キットとして、FISHキットをご紹介いたします。

FISHキットは食中毒・プロバイオテクス・環境・人畜共通感染症等に関連する細菌の迅速診断キットです。

蛍光in situハイブリダイゼーション法(Fluorescence in situ Hybridization=FISH)を利用して、Gut flora(腸管内菌叢)を迅速に検出する同定・定量試薬キットです。
ターゲットとなる菌種の16SrRNAに由来する特異的な塩基配列に、FITCまたはCY3により蛍光標識されたオリゴヌクレオチドプローブがハイブリダイズし、蛍光光学顕微鏡やフローサイトメータにより検出されます。

各構成

  • 腸内フローラ蛍光顕微鏡定量分析キット
  • 腸内フローラ蛍光顕微鏡同定分析キット
  • 腸内フローラフローサイトメトリーキット
  • 乳製品蛍光顕微鏡定量分析キット
  • 乳製品蛍光顕微鏡同定分析キット
  • 乳製品フローサイトメトリーキット
  • 血液サンプル蛍光顕微鏡同定分析キット:SepCheck
  • レジオネラ検出蛍光顕微鏡同定分析キット
  • テーラーメイドキット(要相談)

蛍光標識プローブ

FISHキットご利用の際、蛍光標識として使われるFITCまたはCY3は、ご利用いただくお客様の御使用目的でお選びいただける、カスタマイズの蛍光標識プローブです。
フローサイトメーター用キットにおいては、FITCまたはCY5のいずれかをお選びいただきます。

FITC標識蛍光ラベル使用Escherichia coli <FITC標識蛍光ラベル使用>
CY3標識蛍光ラベル使用Escherichia coli <CY3標識蛍光ラベル使用>

測定器に制限は無く、適切な蛍光波長を備える測定装置であれば、測定機種を限定せずに測定が可能です。

FITC標識蛍光ラベル使用
CY3標識蛍光ラベル使用

Klebsiella pneumoniae <Cy3ラベル使用>
測定装置:アロカ株式会社 CytoVision(Version 3.93)

迅速診断・形態観察

遺伝子定量分析ではPCR増幅させる定量分析が一般的ですが、FISH法ではPCR増幅を必要とせず、菌体を破壊せずに細胞を形態的に診断・観察することができます。
また培養法と比較して、培地に生育しにくい細菌もFISH法では遺伝子レベルで診断できるため、感度良く検出することができます。

バリデーションコントロール

多数の培養試験によって、構築されたデータを基に、バリデーションを行ったうえでの試験試薬キットですので、安心してお使いになれます。

簡単なプロトコル

キットに添付されている操作手順書は、技術間の誤差を少なく結果を導くために考慮されており、簡単に操作して頂くことができます。

微生物定量分析試薬FISHキット 測定手順
微生物定量分析試薬FISHキット ハイブリダイゼーション

保存方法

キット内容であるHybridization mixtureに含まれるプローブは、遮光室温状態で6ヶ月間保存が可能です。
その他にも、一部の試薬を除き室温での保存が可能です。
キットに添付されているQuality Control Sheetに記載されている内容物の保存条件をご確認下さい。

試験工程の途中でサンプル保存が可能

FISH-kit™での試験は、試験工程の途中でサンプルを長期保存することが可能です。
自社施設以外からのサンプル収集や他機関との共同研究など柔軟に対応できます。

※)詳しくは弊社までお問合わせ下さい。

乳製品アプリケーション

ミルク:
殺菌/無殺菌のサンプルにご利用いただけます。
ヨーグルト:
ヨーグルトでの分析も可能です。この場合、サンプルプレパレーションの段階で浄化と無菌構成成分の除去により、分析結果は異なります。

※)乳製品用FISH-kit™に添付されている手順書は、ミルクサンプル用に開発された工程に順じて作成された物です。
他の乳製品でのご利用をご希望の際は、弊社までお問合わせ下さい。

製品リストへ

カスタマイズサービスへ

技術サポート(Q&A)へ