溶媒抽出 / ソックスレー抽出 / 水蒸気蒸留

主に有機成分や有害有機化合物分析のための試料前処理操作には、古くからソックスレー抽出法や振とう抽出法などが用いられています。
マイクロ波溶媒抽出法は、従来法に比べて短時間かつ多検体同時処理を可能とするため、処理の迅速化および生産性・効率性を向上できます。
ETHOS Xは、試料前処理操作における安全性も兼ね備えたマイクロ波溶媒抽出装置です。

目的・用途に合わせてリアクターを選択・拡張可能
(溶媒抽出専用ローター、ソックスレー抽出システム、無溶媒抽出システム等)

高出力マイクロ波照射
950Wマグネトロン×2基搭載

マイクロ波照射の均一化

PID出力制御、温度・圧力監視制御機能を搭載

日本語対応!
新たなプログラム制御ソフトウェア - さまざまなアプリケーション集を収録

マイクロ波溶媒抽出装置 ETHOS X

装置本体

高出力マイクロ波による急速加熱

搭載出力1900Wのマグネトロンによって迅速加熱を可能としています。

均一なマイクロ波照射

内蔵型ディフューザ機能によってマイクロ波を均一に拡散し、キャビティ内の加熱ムラを防ぎます。

圧力可動式ドア

キャビティ内の圧力が急上昇した場合、安全のためにドアに内蔵された強化スプリングが衝撃を吸収します。さらにドア内部のセンサースイッチにてドアの開閉をチェックし、マイクロ波のリークを防ぎます。

全ステンレススチール製ボディ

耐溶媒性ステンレススチール製シャーシと、PTFEコーティング加工キャビディとドアは、高い堅牢性と耐久性を確保します。

マグネチックスターラー(オプション)

内蔵型可変式スターラーは、個々の反応容器内を均一に撹拌します。PTFE製のほか、非極性溶媒加熱用のウェフロン製回転子を使用することが可能です。ウェフロンは、Milestoneが開発した炭素成分を配合したPTFE樹脂であり、マイクロ波吸収加熱素子として働きます。

急速空冷機構

高性能のエアフローシステムを搭載し、反応容器を効率よく冷却します。排気ホースを局所排気設備に接続し、作業環境をクリーンに保ちます。

各種センサー

内部温度センサー

内部温度コントロールシステム(ATC-FO)は、反応容器内の溶媒温度を測定・監視します。光ファイバー式温度センサープローブは、PTFEコーティングされたセラミックサーモウェルを介して内部温度を測定するため、溶媒やサンプルに浸されることなく安全に使用することができます。

外部温度センサー

反応容器の表面温度を常時測定・監視しながらマイクロ波プログラムを制御します(標準装備)。また各種センサーを組み合わせることで、さらに緻密な反応制御や高い安全性を実現します。

大容量キャビティ(リットル)
マグネトロン搭載出力(ワット)

日本語コントローラー

カラータッチスクリーンディスプレイを搭載したコンパクトなターミナル(日本語対応)で操作します。
ソフトウェアは抽出中の各パラメーターをリアルタイムにコントロールします。各パラメーターはプログラム作動中にも変更可能です。
操作は簡単で、内蔵されたプログラムを読み出すか、新規に作成して「スタート」を押すだけです。あとはソフトウェアがPID制御により設定した温度線を精密に再現します。
また、付属するUSBメモリーに、メソッドや実行データを保存することができます(コントロールターミナル660のみ)。 全てのデータはコントロールターミナルで閲覧することができ、保存されたメソッドを読み出して使用することも可能です。

easyCONTROL

コントロールターミナルは、Milestone独自のソフトウェア「easyCONTROL」で動作します。複数の処理パラメーターのリアルタイム監視とフィードバック機構により、精密な処理制御を可能にします。

専用ローター

お知らせ

カタログ

製品カタログをご希望の方は、お申込みフォームからご用命ください。