熱分解により全ての水銀がサンプルから放出されます。これによりサンプルの前処理は不要となり、操作も簡単で、化学物質の廃棄量も減ります。

よって、測定時間は1サンプルあたり5分に短縮され、CV-AASやICP-AESもしくはICP-MSといった従来からある水銀測定技術と比較してコストは低く抑えられます。

測定時間の比較  測定コストの比較

典型的な測定時間
DMA-80 vs. CV-AAS
典型的な測定コスト
US EPA 7473 (DMA-80)、US EPA 7471b (CV-AAS)
250のサンプル処理から算出