全自動水銀測定装置 DMA-80 evo

全自動水銀分析装置 DMA-80 evo<エヴォ>は、加熱気化原子吸光法を取り入れ、試薬による化学的前処理を必要としません。液体および固体サンプルを直接測定し、測定後の廃液も出ないため、分析工程の手間が大幅に省けます。
また、オートサンプラーを採用し、最大40検体を約4時間で測定することができます。

前処理の必要がなく、サンプルの直接測定が可能

タッチパネルコントローラーによる簡単操作

乾燥、分解、金アマルガム捕集、測定までを自動プログラム

内蔵のオートサンプラーを使用した多サンプル連続測定に対応

測定データの自動管理

全自動水銀測定装置 DMA-80 evo

応用分野と対象サンプル

応用分野
環境、農林水産、石油化学、食品、肥飼料、電力、工業、天然資源など

分析対象サンプル
固体:沈殿物、土壌、底質、スラッジ、動物組織、植物組織、魚介、石炭、油脂、セメント、塗料、生活用品など
液体:排水、飲料など

簡単+スピーディー

  1. サンプルを取り、ボートの上に均一になるように置きます。
  2. 天秤でサンプルの重量を測定します。
  3. オートサンプラーにサンプルを並べます。
  4. プログラムを実行すると約5分後には結果が表示されます。
分析工程

低ランニングコスト

熱分解により全ての水銀がサンプルから放出されます。これによりサンプルの前処理は不要となり、化学物質の廃棄量が減ります。
例えばCV-AASと比較すると、トータル的に70%以上もランニングコストを抑えることができます。

DMA-80 evo CV-AAS
サンプルの前処理操作 不要 酸分解などのサンプル溶液化
試薬などの準備 不要 試薬が必須
測定後の廃棄物 ごくわずか 廃酸溶液
サンプルの種類 液体、固体、気体 水溶液に限る
サンプルの形状および量 最大1.5gまたは1.5ml 約100ml溶液
定量範囲 低濃度~1500ng(標準) 低濃度領域のみ
測定における時間 約5分間 約4時間(前処理~測定)

簡単メンテナンス

DMA-80 evoは、日常のメンテナンスを簡単に行えるようにデザインされています。触媒炉やアマルガメーターといった部品は長寿命であり、サンプルボートは数千回もの測定に耐えることが可能です。
さらに必要設備がキャリアガスのみであることは、他の水銀測定技術と比較して、測定コストを大幅に抑えます。

分析工程

測定対象サンプルは、オートサンプラー内のサンプルボートから装置内に導入されます。
サンプルは始めに炉内で乾燥されたのち、酸素キャリアガス条件下にて加熱されます。さらに高温触媒炉にて過熱分解され、水銀蒸気が生成されます。
金アマルガメーターに捕集された水銀蒸気を加熱気化することで水銀が検出部へと送り込まれ、原子吸光法による吸収波長 254 nmにて測定されます。

DMA-80 evoには、デュアルセルタイプワイドレンジタイプトリプルセルタイプと、3つのタイプがあります。

デュアルセルタイプ

2種の測定セル、水銀ランプ、および水銀測定用検出器を備えた標準タイプです。

デュアルセルタイプ(構造)

トリプルセルタイプ

リファレンス用ビームを搭載したダブルビーム方式によって水銀ランプノイズを補正し、低濃度領域でのバックグラウンド強度を安定化させることで、より低い検出下限値(DL):0.0003 ngを実現しました。

Hg 30ppt 測定時の検出ピーク

タイプごとの比較

  デュアルセルタイプ ワイドレンジタイプ トリプルセルタイプ
測定濃度レンジ 0.01~1,500 ng Hg 0.01~30,000 ng Hg 0.003~1,500 ng Hg
検出下限 0.001 ng Hg 0.001 ng Hg 0.0003 ng Hg

制御

DMA-80 evoは、専用タッチパネル式コントロールターミナル、または市販PCにて制御・操作を行います。測定データはPDFおよびCSV形式にて出力可能です。
装置本体と連動し、測定時になんらかの異常が生じた場合には、エラーメッセージおよび本体ランプで状況を確認することができます。
また、装置の稼働状況や装置の状態を、装置前面に設けられたロゴライトによる色の変化にて確認することもできます。

ソフトウェア

製品紹介ビデオ

Milestone社のさまざまな製品をビデオでご紹介しています。リンク先はメーカーサイト(英語)となります。

お知らせ

カタログ

製品カタログをご希望の方は、お申込みフォームからご用命ください。